小物のこと

【汎用性拡大】ライトリグケースのカスタマイズ

0 0
IMG_8467.jpg
しばらく更新が滞っていた。というのも、昨年末から仕事が忙しく全く釣りに行けておらず異常事態だ。ようやく4月上旬にその繁忙状況を脱し、徐々に改善する見込みで、これから釣りも復活するだろう。多分...

さて、釣行ネタの前に、先日ブリーデンのメルマガコラムに書いたライトリグケースのカスタマイズをご紹介。ケースinケースな構造から、もともと使い勝手は良いのだが、もっと汎用性を拡大させるというカスタマイズなのだ。

ライトリグケースのカスタマイズ

IMG_8424.jpg

 こんにちは、イカ君です。3月になってから暖かい日が増えてきました。皆さん如何お過ごしでしょうか。九州・熊本ではメバルやイカの上向き釣果情報が聞こえてきており、楽しみな季節となってきました。私はと言うと、過去最高と言ってよいくらい仕事が忙しい状態が続いており、年明け直ぐにコロナにも感染してしまい、悶々とした日々を過ごしています。

 そんな中、先月2月3日~4日に開催された大阪フィッシングショーのブリーデンブースへお邪魔させて頂きました。地方に住んでいると、このような大型のイベントに行く機会は中々無く、10年ほど前に横浜のフィッシングショーに個人的に遊びに行ったきり、久々でした。各社の自慢のアイテムや新製品がズラリと並んでおり、釣具店で見るのは違って手に取って見れるのが良いですね。ブリーデンブースに2日間居ましたが、沢山の方が実際に手に取っていろいろと試されている姿が印象的でした。熱心にグローブを試されている方が居たので話を聞くと、手が冷えて困っており、各社様々なグローブを試したが気に入るものが無いということでした。そこで、カイロを忍ばせられるWarmingグローブをオススメしました。すると、機能・付け心地共にとても気に入られたご様子でした。また、ある方は、真っ先にオーシャンイエティの所に行き、サイズ感や着心地試されていました。ロッドコーナーでは、多数の製品ラインナップやプロトロッドが有り、沢山の方が足を止めて熱心に試されていましたね。各スタッフもお客さんへ説明したり、情報交換したり、とても有意義なイベントだったと思います。今後も続けられるといいですね!

 さて、今回は冬ごもり中にやったライトリグケースの汎用性を高められる簡単なカスタマイズを1つご紹介です。ライトリグケースは、小型ルアーの個室収納を備えたライトゲーマーにピッタリのケースです。更に、ケースinケースといった変わった特徴も有ります。仕切りの無いケースに仕切りの有る個室ケースが収納された形なので、仕切り無しケースとして、大きめのルアーを入れたり小物を入れるケースとしても使う事が出来ます。そんな2つの特徴を生かして汎用性を高めるカスタマイズ、それは個室ケースを2つ分かれるようにカットして小部屋と大部屋の両方が使えるようにしてしまうのです!
IMG_8463.jpg
IMG_8462.jpg

 カットは、糸ノコを使うと10分程度で簡単にすることができました。削りカスが出るので、散らからないように注意が必要です。糸ノコでカットする時のコツは、通常のノコギリのように斜めに刃を入れると真っすぐに切り進めるのが難しかったので、水平に刃を入れてガイド溝を軽く掘るとやり易かったです。カットすると、小部屋と大部屋仕様のケースが完成です。カット面がデコボコザラザラするので、400番のサンドペーパーでキレイにならすと良いですね。
 画像の通り、ケースinケースな特徴と合わせて様々な組み合わせで使う事ができるようになりました。是非皆さんも試されてみて下さい。
IMG_8465.jpg
IMG_8464.jpg
IMG_8466.jpg
 

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.