天草

バチコンメバリングとディープコウイカ攻略

0 0
2021年2月7日(月)

新しい釣り方にチャレンジ。2月上旬の割にはぽかぽか陽気で気持ちの良い船上でのことです。初めて行く海域ではメバルが釣れるそうな。周りには沢山の船が浮く中、潮が効く水深40mのポイント。同船者がサビキでメバルを掛けたのを見て、メバル師のスイッチが入った。

日中のメバルと言えば、「かぶらingめばる」だよね!デイメバルの釣れっぷりは、コレ勝るモノは無い。信頼感は、自身のメバル人生で中で文句無しのナンバー1です。しかし果たして40mのメバルには効くのか!?この水深でのメバリングは初めてです。仕掛けは、バチコンアジングと同じ。シンカージョインターに20~25号のオモリ、40~50cmのリーダの先にはアジングワームではなく「めばるingかぶら」。

ボトムを取った後は、ステイして潮の流れに任せて漂わせたり、ゆっくり巻き上げたり、アクションを加えてみたり。釣れるパターンを探す。と、当たりがあったのは、ボトムからゆっくりただ巻き3~5mくらいのところでした。
20210207001_メバル

25cm程のナイスサイズ。しかも、オカッパリでいつも使っている同じものが水深40mでも通用するというのは嬉しいものです。


後半戦は、コウイカチャレンジ。コウイカ狙いの船団を見つけたので、チャレンジしてみる。水深は80mと更に深い。そこにエギマルを送り込む方法は、バチコンメバリングの仕掛けのまま、エギマルに付け替えたダケ。シンカージョインターのパッケージの絵と同じ仕掛けです。シンカージョインターがあると、簡単にリグれるので、最近の船釣りのお供としてお気に入りです。
sj.gif

コウイカは、ボトムべったりだろうから、着底後にロングステイ。たまに大きくシャクってハイアピールした後に、フォールしてまたステイ。当たりに全集中、ロッドティップに「もやっ」っとなんとも言えない違和感なアタリ。アオリイカのようなジェット噴射は無いけど、80mで取る当たりはオモシロかった。短時間でコウイカ5+ヤリイカ1。今回は3.5号freefall(ノーマルの重さ)のエギマルでしたが、超スローフォールのエギマルでゆっくり見せたり、漂わせてもオモシロそうです。
20210207002_コウイカ
20210207003_コウイカ

さて、船上メバリング&エギングの次は、陸上戦か!?最近久々にジェット噴射を味わいたくなってきています。春の大王イカにチャレンジしようと企んでいます。
つづく。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.