ゲーリーマツモトのキャッチ&リリース通知書

地元熊本・天草での釣行記。エギング・メバリング・アジングやその他ライトゲーム全般の釣り、タックルや釣り車など、釣りに関する色々な事を記したブログです。2016.03~ブリーデンフィールドモニター。
ゲーリーマツモトのキャッチ&リリース通知書 TOP> ロッドのこと > 新エギングロッド「セフィアCI4+ S806ML」を購入!圧倒的軽さがスゴイので前モデルと比較してみる

新エギングロッド「セフィアCI4+ S806ML」を購入!圧倒的軽さがスゴイので前モデルと比較してみる

[2013年08月18日 21:42 ] カテゴリ:ロッドのこと

ロッドを新調しました。発売したばかりのSHIMANOセフィアCI4+S806MLです。


セフィアの新製品が出るということで気になっていましたが、ポットベリーで40%OFFのセールをやっていたので、思わず買っちゃいました。



今まで使用していたものはセフィアCI4ですが、今回買ったものはコレの後継モデル。長さやアクションは全く同じものにしました。前モデルのアクションや調子については不自由なく使っていたのですが、1点気になることがありました。
それは、糸がらみです。


風がある日は、キャスト時や連続ジャークをした時にトップガイドでラインがループ絡みすることがありました。前モデルは、Kガイド出る前(出始めかも?)のモデルなのでKガイドを搭載していませんでした(後に一部機種でKガイド搭載モデルが発売されましたが)。今回のCI4+では、Kガイドが搭載されるのでループ絡みの解消が期待されます。


あと、もう1点特徴的なことがあります。非常に軽いです。前モデルも軽かったですが、今回はさらに軽量化されていて、カタログでは前モデルより平均13%も軽量化されているとアピールされています。


全8モデル中、7モデルが100gを切っています。。。最軽量のS806LとS803MLについては89g!!めちゃくちゃ軽いです。今回購入したS806MLは91g。軽さはエギングにおいて有利なので、これも楽しみな点です。



せっかく、旧モデルと新モデル両方が手元にあるので、比べてみました。


ガイド

左が新モデル、右が旧モデルです。並べてみて気づいたのですが、ガイドの位置が変わっています・・・ガイドの数が増えているからです。旧モデルはガイドが8個だったのに対し、新モデルは1個増えて9個です。確かに旧モデルは8.6fでガイド8個だったので、少ない気がしていました。今回は1個増えているにも関わらず軽くなっているので、更なる感度アップが期待できます。


20130818_ガイド比較(全体)

トップガイド第6ガイド
20130818_トップガイド比較20130818_第6ガイド比較
一番下のガイド
20130818_一番下のガイド比較


グリップ・リールシート・グリップエンド


グリップ全体比較

左が新モデル、右が旧モデル。
グリップ全体を比較すると、新モデルの方が短くなっています。これも軽量化の為でしょうか。
あと、画像では分かりにくいですが、リールの根元からグリップエンドまでの長さも2cm弱短くなっています。個人的にはこれはありがたいです。旧モデルは、少し長く感じていていました。シャクった時にグリップエンドが防寒着に引っ掛かることがあったので、これが少し改善されるかもしれません。



リールシートは、新素材のCI4+になったようです。また、旧モデルの色は黒だったのに対し、新モデルは濃く黒に近いワインレッドで大人っぽい色になっています。セフィアCI4+のリールの色と合わせた色合いとなっています

グリップのアップ

リールを固定するねじねじは、EVA素材からカーボン調の素材になっています。

リールを固定するねじねじ

グリップエンドは、ほぼ大きさが同じだけど、旧モデルが丸みを帯びていたのに対し、新モデルは角がつけられ溝も掘られています。これも軽量化のための小さな努力なのかな??

グリップエンド比較

重さ

旧モデルのS806MLは108gに対し、新モデルは91g(カタログ値)。エギングロッドの中でも最高クラスの軽さではないでしょうか。参考までに他社のモデルの重さを調べてみました↓


他社のロッドと比べてみてもめちゃくちゃ軽いことが分かりました(゚д゚)!他社の同じ長さ・アクションのロッドと比べ、10g近く軽いです。スゴーイ!!


また、セフィアCI4+のリールも軽いので、試しにラインを巻いたリールを装着した状態で重さを計ってみました。

リールとロッドの重さを計ってみた

ナント301g!!軽量素材を使っていないリールの重さに迫る勢いです。


この凄まじい軽さはエギングにおいて強力な武器になってくれることでしょう!!感度アップやアクションのバリエーションの多彩化、シャクリによる疲れ軽減など、様々な良い効果に期待が持てます!!


まとめ

比べてみると、期待していたKガイド以外にもガイド個数のことや、圧倒的な軽さなど期待以上の効果がありました。重量については、リールと合わせても、他には無い凄まじい軽さです。
また、それ以外にもスパイラルXが採用されていて素材面でのパワーアップもあるようです。


早速、来週予定している今シーズンの秋イカ調査のために活躍してもらおうと思います。見た目では感じられないパワーアップもあるかな??使うのが楽しみです。



【関連記事】
Newロッド「セフィアCI4+」のデビュー戦 in牛深
Newリール「セフィアCI4+C3000HGSDH」
Newメバルロッド「ソアレCI4+S709LT」

スポンサードリンク

[2013年08月18日 21:42 ]カテゴリ:ロッドのこと | CM(0) | (記事編集)

PR

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する
PR
ブログ内検索
PR