ゲーリーマツモトのキャッチ&リリース通知書

地元熊本・天草での釣行記。エギング・メバリング・アジングやその他ライトゲーム全般の釣り、タックルや釣り車など、釣りに関する色々な事を記したブログです。2016.03~ブリーデンフィールドモニター。
ゲーリーマツモトのキャッチ&リリース通知書 TOP> 釣行記 > 天草 > 真夏の灼熱五目ライトゲーム

真夏の灼熱五目ライトゲーム

20170812000_シーバス
2017年8月12日(土)

前回の天草西海岸カヤック釣行以降、毎週台風やら何やらで3週間間が空きました。ウズウズがピークに達した先週土曜日、真夏の炎天下五目ゲームへ。

この時期の一番暑い太陽が照りつける日中に、メタル系ルアーをぶっ飛ばしながらランガンすると、魚種を選ばず何でも釣れて楽しめます。今回は6魚種釣れて絶好釣でした。(ブリーデンのメルマガ8月号にもこの釣りに関してのコラムを書いていますので、良かったら見て下さいな⇒ブリーデンメルマガ

朝まずめコアジング!?

20170812001_朝日
朝まずめは、綺麗な朝日を見ながらあの橋の下からスタート。渦巻く潮流と綺麗な景色に、何か起こりそうな雰囲気を感じたが、何も起こらず。

メタルマル19gを着底後に10回ふわふわトゥイッチ&テンションフォールに何度もあったじゃれつくような当たりは、アジゴでした。アタリは頻繁にあるものの、小さいせいかなかなか掛かりません。
20170812002_アジゴ

エソも追加。
20170812003_エソ

これ以上は何も起こらなそうだったので、移動・・・

地磯フエフキ入れ食い

20170812004_地磯
多魚種が釣り乱れるというのが、この釣りの面白い所ですが、ポイント開拓もまたそれを増幅させてくれます。未開のポイントを開拓すべく地磯へエントリー。外側の海は、波風が強く荒れ模様でしたが、せっかくきたので進んでみます。

波が立ってかき回されているシャローにビーローチを入れてみる。ボトムが取りやすいように重め(5gのデルタマジック)をチョイス。着底したら、チョンチョンとロッドを煽って漂わせると・・・・ガガガガっ

癒し系のカレ
20170812005_ガラカブ

着底後にステイさせるとフエフキラッシュ!引きが強いので、このサイズでも楽しめます。
20170812007_フエフキ
20170812006_フエフキ

メタルマルでも。沖へキャストしてリトリーブしてくると、ビーローチで当たっていた辺りを通るとヒット。ビーローチを止めても、メタルマルを巻いても当たってくるので、かなり活性が高かったようです。
20170812008_フエフキ


イトヨリを狙って釣るヒント!?

水深のある大堤防(メタルマル19gで25カウント前後)へ移動。ここでは、2年前にイトヨリが釣れたことがあって、その美味さからもう一度釣りたいと思って何度か狙ってみましたが叶わず。今回やっと釣ることが出来ました。釣り方のパターンも少し分かってきたかな?

暑さが最高潮である14時前の時間帯。強い追い風に乗せてメタルマルを遠投し、着底したら10回トゥイッチした後テンションフォールを繰り返す。すると、アクションの途中にガツンとヒット。当たり方から完全にエソかと思ったが、何とこれがイトヨリでした。ブレードバイト、そしてシルバーのブレードでした。
20170812009_イトヨリ

更に立て続けに同じキャストコースでもう1匹。群れで行動しているのか!?これもアクション中の当たりでした。
20170812010_イトヨリ

残念ながらこの2匹だけでしたが、2年前の釣果と合わせて「真夏の日中」「アクション中のヒット」「ボトム」「下げ潮」というキーワードが見えてきました。また狙ってみたいと思います。

夕まず目ヒラスズキラッシュ

20170812011_ヒラスズキポイント
最後は、夕まず目にかけて岩盤・ゴロタのシャロー帯。干潮になると瀬が現れるので、それに合わせてエントリー。沖では矢印の方向に潮が流れています。

沖にフルキャストしてもメタルマル13gでも4カウント程度の遠浅シャロー。沖の潮が流れている場所や手前のどシャローにメタルマル、ビースウェイを通すとチヌ、シーバス、キジハタ、ガラカブ、ベラ、フエフキetcが釣れるポイントです。早速、様子見でメタルマル13gからスタート。ここで一番良く釣れるキジハタに期待しながら探っていきますが、異常なし。

順に打っていき、沖に払い出す潮に向けてメタルマルを早引きしているとようやくヒット!激しくジャンプ&エラ洗いを見せるので、シーバス確定。激しい抵抗に耐えながらやっとキャッチしたのは、50cm程のヒラスズキでした。メタルマルのグリーンゴールドにて。
20170812012_ヒラスズキ

その後は、ガラカブがポロポロとヒットする中、水深1mにも満たないであろう上の画像の手前側のどシャローを通すとガツンとゴツイヤツがヒット。浅瀬でもこんなゴツイヤツがいるもんだ
20170812013_ガラカブ

シーバスよりガラカブの方の反応が圧倒的に多い状況でしたが、干潮潮止まりになると途端にシーバスが当たり出す。残念ながらジャンプ&エラ洗いでバラシばかり、トータルで5バラシ(><)。ロッドがPEスペシャルだったので、柔らかすぎて合わせが決まらないのかな?これだけの高活性なのに勿体ない(;_;)

合わせをしっかり入れてやっとキャッチしたのは、50cmオーバのナイスサイズ。カラーはブルーピンク。既製では数少ないシルバーのブレードです。
20170812014_ヒラスズキ

ちびっこも追加
20170812015_ヒラスズキ

この後もバラして、午後18時頃に終了。

午前5時から午後18時まで、日中ずっと釣り続けて疲れましたが、これだけ沢山釣れるとやめられない。8月中の暑い日にもう1~2度行きたかばい。次は目標10種目!
おわり

スポンサードリンク

PR

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/08/20 18:29 ] []
フエフキ
コメント有難うございます

確かに私もフエフキが釣れるようになったのは、ここ数年のうちの最近だと思っていました。「ヘ」は初めて聞きました(笑)。私はまだ食べたことが無いのですが、凄く美味しいと聞いたこともあります。本当でしょうか?(笑)

デカアコウ釣ってみたいですね!堤防からだと43cmが最高です(龍ヶ岳)。そのサイズでもなかなかお目にかかりませんが、ゴーマルもチャレンジしたいです。
[ 2017/08/27 21:53 ] [イカ君]
コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する
PR
ブログ内検索
PR