ゲーリーマツモトのキャッチ&リリース通知書

地元熊本・天草での釣行記。エギング・メバリング・アジングやその他ライトゲーム全般の釣り、タックルや釣り車など、釣りに関する色々な事を記したブログです。2016.03~ブリーデンフィールドモニター。
ゲーリーマツモトのキャッチ&リリース通知書 TOP> 小物のこと > 沖縄遠征に向けてPROXラウンドハードロッドケースを買いました

沖縄遠征に向けてPROXラウンドハードロッドケースを買いました

[2016年06月09日 21:35 ] カテゴリ:小物のこと
20160605000_ロッドケース
熊本地震の余震も随分落ち着いてきた今日この頃。7月に控えた沖縄宮古島釣行の準備を着々と進めています(^^)今日は、その準備の1つであるロッドケースのこと。

宮古島釣行計画

10年位前からかな?毎年、恒例行事となった沖縄釣行。釣行と言ってもメインは家族サービスだけれども、ちゃっかりロッドを持って行って釣りをしています。レンタカーでのドライブ中に釣れそうな場所を見かけると、ご機嫌を伺ってルアーを投げるのです。メッキやコトヒキ、メアジ、カンモンハタなど、色んな魚が遊んでくれます。(過去の沖縄釣行記

しかしながら、昨年計画していた宮古島釣行は、まさかの台風直撃で中止・・・・(代わりに西海岸カヤック釣行で爆釣したけど^^)。更に、今年の4月末に計画していた宮古島も熊本地震のせいで泣く泣くキャンセル。宮古島とはなかなかタイミングが合わないようです。このまま2年連続沖縄キャンセルとなってしまいそうでしたが、このままやられっぱなしも悔しいし、どうしても行きたかったので、7月に再予約したと言う訳です。

今使っているロッドケースではPEスペシャルを持っていけない

さて、このように楽しみが貯まりに貯まった沖縄釣行。今年新たに導入したNEWタックル「PEスペシャル」と「16セルテート」ももちろん持っていきたいです。汎用性が高い何でもできるこのロッドがあれば、沖縄釣行はより楽しくなるのは間違いない!のですが、それには課題がありました。

9.3フィートのPEスペシャルは、長すぎてロッドケースに入らないのです(~-~;)

これまで使っていたロッドケースはコレ。PROXのロッドケース。8.6フィートのエギングロッドがギリギリ入る長さなので、TR93PEスペシャルは当然入りません(><)
プロックスのロッドケース

安くて使えそうなロッドケースを発見

PEスペシャルのために新しいロッドケースを新調したいのですが、このロッドケースは購入当時1万円以上しました。新調するにしても、使用頻度の少ないもののために1万円を使う事を家族会議にかけても2秒で却下されるのが目に見えています。半ば持っていくのを諦めかけていたのですが・・・

楽天でロッドケースを見ていると、安くて良いのがあるではないですか!!2000円で買えそうです。PROXのラウンドハードロッドケース。コレ↓即ポチり。高価で頑丈なケースに比べると見劣りしますが、レビューを見る限り空輸にも使えそうです。
20160605000_ロッドケース

見た目は「そんなに長いか?」という感じですが、なんと可変式。長さを変えられます。最大148cmということで、144cmのTR93PEスペシャルが入ります。最大に伸ばして8.6フィートのセフィアCI4+と比べたところ。
20160605001_ロッドケース最大

蓋の内側にはスポンジが付いていて、ロッドティップを優しく保護してくれます。
20160605003_ロッドケースのクッション

ラウンドハードロッドケースの問題点

何ともいい事尽くしで、ここまでは完璧のように見えますが、実は問題点もあります。楽天やAmazonのレビューにも多く掛かれている事ですが、2つほど。まず1つが、ケースを伸ばした時のロック機能が不十分では?ということです。

ケースの延長は、5cm刻みで調整することができ、ロックはケース本体を矢印の方向へ回転させて、本体の凸部(矢印の根元の窪み)を赤丸の凹部に引っかけるという仕組みです。これで本当にロックされるの?ガッチリロックされているかどうかは微妙です。。。レビューの中には、ガムテープでズレないように補強するというものもありました(笑)。安いので、この点は我慢してガムテープで補強すれば良いと思っていました。
20160605002_ロッドケースのロック

そして、もうひとつが、ガチガチの固い素材ではなく手で強く押せばへこむこと。これについては、レビューの文面だけで判断して購入するしかなかったのですが、空輸に使えるレベルというコメントもありましたので、買いました。で、実際に手で強く押してみると確かにへこみます。
20160605004_ロッドケースの強度

ただ、「強い」力で押すとへこむのであって、クッション材等で保護したロッドに損傷を与えるには、思いっ切り踏みつけたりしないといけない印象です。多分、大丈夫でしょう・・・・・・

問題点を解決する方法

問題点があるものの、この安さのお陰でぎりぎり許せる。・・・と思っていましたが、低コストで簡単に解決出来る方法を発見しました!!!そのキーアイテムはボイド管です。
20160605005_ボイド管

固いボイド管を中に入れちゃえば、ロッドケースがへこんでロッドにダメージが加わらないし、ロックが外れてケースが縮むこともなさそうです。しかも、安い点がイイ!!ハンズマンで直径10cm×長さ2mのものを1本220円×2本買ってきました。
20160605007_ボイド管

これをロッドケースの長さに合わせてノコギリでカット。若干窮屈ですが、2本のボイド管がロッドケースに入りました。
20160605006_ボイド管をロッドケースに入れた

更に、空いているスキマには、プライヤーや小物まで入りそう。旅行用バッグの荷物が減らせそうです(^^)

安くて問題なく使える完璧なロッドケースになりました。これで安心してPEスペシャルが持って行けます!!

スポンサードリンク

[2016年06月09日 21:35 ]カテゴリ:小物のこと | CM(0) | (記事編集)

PR

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する
PR
ブログ内検索
魚種限定解除CUP 2017春

魚種限定解除CUP2017春がスタートしました!!

PR